2017年05月12日

5月12日までのトレード

決算博打でくらいまくりでも、なぜかプラスです。今回の決算ギャンブルの出来は過去最悪でした。プラスになっているものの予想が外れまくってるので、正直素直に喜べません。
伏せてた売り銘柄6284日精ASB(ロット多めでした)、2492インフォマートでもS高直撃。カシオも好決算。日精の大部分を損切ったあとで6013タクマの買いを大きく増やして決算撃沈(本日の安値で1万株程投げてしまいました)、糞決算enishもマネゲモードと踏んだり蹴ったりですが、マネパの人気化、UNEXT微妙決算前の全利確、佐藤渡辺の暴騰でカバーです。佐藤渡辺は決算用で集めてませんでしたが、元々ポジ比率が高かっただけでした。
ちょっと、自己嫌悪になるレベルで外しまくってます。

今日場中決算の売り1965テクノ菱和(伏せてました)は、ネガティブ予想狙いが成功。引け後のアイロムは予想通りの好予測が出たので狙い通りでした。アイロムについては基本売り目線でしたが、本業のSMO事業の市況改善が見られたので素直に買いに回ったのは成功でした。売りトレンダーズも好決算なので、微妙な決算を除けば2勝8敗と散々な結果となりました。
残りは最近集め始めた6907ジオマテックと6786RVHと伏せてる売り1銘柄のみです。

とりあえず、週末は時間の許す限り決算書に目を通すようにして、新規銘柄を探したいと思います。

売り銘柄IN  カイカ、モブキャスト、KDDI、日本通信、ラクス、1銘柄
売り銘柄OUT  1銘柄
買い銘柄IN  ジオマテック
買い銘柄OUT  U-next

買い 約8800万(ACK、穴吹興産、佐藤渡辺、ステラケミファ、タクマ、いであ、RVH、マネパ、アイロム、ジオマテック、1銘柄で80%)
売り 約8400万(マーチャントバンカーズ、澤藤電機、インフォマート、豊和工業、トレンダーズ、レナウン、enish、カシオ、日新電機、ゲンキー、カイカ、モブキャスト、KDDI、日本通信、日精ASB、テクノ菱和、ラクス、他2銘柄)

残高 5123万 
前回更新比 +231万 今月 +231万
年初比  +1623万

posted by てんてん at 21:11| Comment(5) | 日記(トレード記録含) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
てんてんさんは予想が当たってのに低位株の踏み上げで損しているイメージがあります。

低位株は資金力や情報発信力がある人のおもちゃと化しつつありますね。

生産人口の低下で、株式会社という供給能力は、見直されつつある過渡期にあるようです。

6月にプライマリーバランス目標の破棄があれば、低PERの小口株は大きく水準を見直されそうです。

内閣官房参与の藤井聡のプライマリーバランス亡国論5月14日発売に詳しく書いてあります。


クリック証券が仮想通貨サービスを始めたように、マネパは近日中に発表あるかなと想定しています。

発表あれば600円に一度トライするのは間違いないだろうし、もう少し下がるようなら買い増し検討です。


佐藤渡辺は9月末に株式併合されますが、保有したままだと株式が5分の1に変わるだけなのでしょうか?実は併合株を保有したままを経験したことがないんです。

もし保有株式が5分の1になるなら、併合後は株価2000円とかでないと計算が合わないので、併合後はいきなりチャートの値が跳ぶのかなと思って、世紀東急の併合時のチャートを見るもほとんど変化がない・・・。

併合時にどんな処理や現象が起きるのか、ご存知であれば教えてください。
Posted by 魚歌 at 2017年05月12日 21:47
お疲れ様です。
2014年の時は年2-3回位でしたが、今年は2週間に1回位ボロ株踏み上げ食らってます。まあ、資金量が増え、低位は分散しないといけないので銘柄数が増えたのと、今年は今の所地合いが良いので仕方ないですね。地合いが悪くなるとこういう糞銘柄は一気に落ちてくれるので気長に待ってます。

仮想通貨は時期にFXと同じ扱いでBTC/円みたいな感じになると思います。ただ、仮想通貨のスプレッドが現状酷いので、マネパ等、関連銘柄持ってた方が良いと個人的には感じてます。仮想通貨は税金対策に使えるようになると日本でも爆発的に普及すると思います。

5分の1の併合は私も経験無いですが、同じ様な価格帯、出来高の穴吹興産の場合は一時的に上がりましたが2,3日したら元に戻りました。基本ファンダ面での変化は全くないので、大きく上げ売り、下げ→買いで、元に戻った時買い戻しで良いのではないのでしょうか?
低位株の価格帯(1〜300円)の方がルール上、値幅や逆日歩でのプレミアムがあるので、基本的に価値は高いですが佐藤渡辺については逆日歩も望めず仕手性も弱く気にしてません。仮に日本通信が1/10の併合などしたら(逆日歩及び仕手性の影響で)、時価は半額以下になると思います。
Posted by てんてん at 2017年05月12日 23:01
情報ありがとうございます。穴吹興産のチャート見てみました。確かに2〜3日で元に戻っていますね。

株式併合したら株価って、その等倍になるのが価値としては正しいですよね?

佐藤渡辺の株価が400円なら、5分の1併合で株価2000円をつけないとおかしいのに、それが穴吹興産のようだと併合後2000円しばらくしたら400円とかになるということですよね。

世紀東急も5分の1併合しているんですが、チャート上変わらないんです。

なぜ株価に変化が少ないのか理解できていないんです。併合後に株価が変わらないのは損な気がするんです。

なにか理解していない常識があるのかなと考えています。併合時に自分の保有株も併合で減るんですよね?
Posted by 魚歌 at 2017年05月13日 03:20
株価は5分割だと5倍、10分割だと10倍ですね。併合は逆。

チャートに関しては、以前のチャートも分割(併合)した後で自動的に修正する形になってます。

時価は基本的に併合しようが、分割しようが変わらないです。混乱されているようなので、時価で考えたら良いと思います。
Posted by てんてん at 2017年05月14日 19:03
情報ありがとうございます。分割しても併合しても、過去のチャートまで修正されるのですね。知らなかったです!

株数が5分の1になるので、株価は5倍になる。そして時価は変わらず、チャートは過去分も含めて修正される。300〜400円あたりのチャートが併合後、過去まで1500〜2000円あたりのチャートになる訳ですね。
Posted by 魚歌 at 2017年05月15日 09:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: