2017年04月21日

4月21日までのトレード

続落。全体の反発期待で買いポジ増やしてたのはよかったのですが、伏せてる銘柄の一つはenishでして、大きく食らってしまいました。また、MRTも空売りのS高買い返済で−100位と短期売買の方も失敗。買いは全体的に戻りが弱く売りの損失をカバーできず。新規で空売った銘柄もいきなりの踏み上げ(出来高少ないので伏せます)。
レナウン思わずS高空売りも一回はがれて再度S高と嫌な動きです。まあ、ロットは少なめですが、低位で全く割高ではないのは少し怖い。

来週あたりから、決算も本格化するので、決算数字を意識した動きになってほしいところ。
本当は6013タクマを決算勝負用で買い増したかったんですが、全く下げてくれませんでした。UNEXT、穴吹興産、ステラケミファ、アイロムあたりを買い増してみました。

すかいらーくは余力確保で一旦利確。日本通信も決算IR芸の可能性があるので、いったんはずしました。

売り銘柄IN  カシオ、レナウン、新日本科学、2銘柄
売り銘柄OUT  フタバ産業、ジェイテクト、日本通信、1銘柄
買い銘柄IN  
買い銘柄OUT  すかいらーく

買い 約10400万(ACK、穴吹興産、佐藤渡辺、ステラケミファ、タクマ、いであ、RVH、マネパ、U-next、アイロムで80%)
売り 約6700万(マーチャントバンカーズ、澤藤電機、インフォマート、豊和工業、トレンダーズ、レナウン、enish、カシオ、新日本科学、他5銘柄)


残高 4829万 
前回更新比 -88万 今月 +103万
年初比  +1329万
posted by てんてん at 15:31| Comment(4) | 日記(トレード記録含) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライザップ系おもしろいと思います。ライザップは東証一部に移ることをコミットしていますから、今年のどこかで移る時に値上がりが期待できます。

傘下のぱども、ライザップが系列の広告をまとめてぱどに出稿することで黒字化の目処が立っています。

ぱどは割安でないのですが、流動性が極端に少なく3億弱ほどしかありません。300円前半で仕込んで400円半ばの指値で放置しておくだけで、イベントごとにヒットします。

資金力がある人のおもちゃ銘柄となっています。
Posted by 魚歌 at 2017年04月21日 22:40
ライザップグループは成長性があり、PER17倍高PBRも割高感はないですよね。目先はライザップが流行過ぎて反動が来る恐れがあるのが不安要素ですが、長期で見ればその間に買収で次の柱を立てようとしてるから(すでに立ってるかな)、経営センスはあるなあ〜と思ってます。レベルは違いますが、私は福証の3440 日創プロニティ持ってて、太陽光バブルの際、高値増資成功でその資金でM&Aを行い、今は衰退市場の太陽光から早くからシフトを模索してて、なかなかの経営センスと感じてるので、超長期で保有してます。今のところ化ける気配ないですが。。好財務、高配当なのでのんびり待ってます。
RIZAPは東1に移るでしょうね。話題性と時価は札証で収まる器はないですもんね。

ぱどは見てみましたが買えないですね。メイン事業が衰退市場のフリーペーパー、RIZAP割り当ての4倍以上の値段が現在の株価ですから、デイか超短期以外では買う事はないでしょう。なんで、こんな高値がついてるのか不思議ですが、RIZAPブランドの影響なのでしょうね。チャート的には面白いですが、個人的には倉橋一族が売ってきそうな感じなので、勇気のある仕手様という印象です。
Posted by てんてん at 2017年04月22日 03:12
情報ありがとうございます。日創プロニティですね。

他にも経営センスがいいと思われる銘柄があれば教えてください。経営センスから先を予測する投資が好きなんです^^

ライザップに非常に興味を持ったのは、社長の経営センスからマーケティング能力の強さを感じたからなんです。

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO03162290T00C16A6000000/

ライザップは未だ会員数7万人でしかありませんし、海外に進出していく意欲が強いので伸びしろも大きいです。

もともと通販会社であり、売るものをこだわらないという柔軟なスタンスもいいと思っています。

M&Aを繰り返すでしょうから、材料にも事欠きません。人材も優秀な人を集めています。

ユニクロの中心人物を引き抜いて手法をコピーして製造小売をしようというところなんていいセンスだと思います。製造小売は利益率が高いですからね。

ぱどは確かに黒字化見ていても株価は高すぎます。創業家一族が売ってくるリスクがありますね。気をつけます。
Posted by 魚歌 at 2017年04月22日 09:48
経営センスのある会社の銘柄投資は一番難しいですよね。サイバーA,日電産、SB等優れた会社は、基本高PER、PBRでバリュエーションもすでに高いですから。富士フィルムも写真業→医療系に業種転換をうまく行ったのでいまだ100株だけ持ってます。

保有は穴吹興産、ACKは経営センスの部分で買ってる部分が大きいです(特に穴吹)。穴吹はM&A大好き。
https://www.anabuki.ne.jp/company/history/
今は介護事業をメインの柱とするべく先行投資を行ってます(不動産との親和性高いでしょう)。回収フェーズ移行まで後1−2年でしょうか。

ACKは早いうちからパシフィックコンサルから海外事業を買収してすでに柱として成長してますからね。
共に市況悪化による業績懸念はありますが。。。
低PER,PBRで成長性のある銘柄探すのは本当に難しいです。
Posted by てんてん at 2017年04月22日 12:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: