2015年05月20日

5月20日までのトレード

決算シーズンが終わり、嫌な予感が的中して、全体上げてきましたね。
前回売りポジ持ちすぎで爆損したので、ポジ調整を行い少し買いポジ増やして、売りポジを少しだけ減らしました。ボロ銘柄も上げてきた場合売り増しできるように、ポジを大きくせず余力確保です。

保有は運良く、そーせいが確変モード継続、任天堂がようやく調整局面に入ってくれて前回更新比プラスです。再度、円安方向に動きはじめたので日産は損切りしました。北米地区の売り上げはほぼ横横ですが、中国売上がボロボロなので、売っておきたかったのですが、特に割高でもないですから今回は勝負せずにおります。半分損切してたモブキャストを全切、770円位で投げた所が底でした。他、全体的にバイオが強くなってきてる為、アイロム買い返済利確。

全体上げ続けるなら、少しずつ再度売りポジ割合を増やす予定です。

買い 約2800万(ジーテクト、日鉄鉱業、玉井商船、ACK、三信建設、ウエストHD、そーせいで80%)
売り 約3600万(ワタミ、JIN、マクド、任天堂、ユーグレナ、上海ETF、サニックス)

残高 2543万 借入100万
前回更新比 +83万 今月 +246万
年初比 -57万

posted by てんてん at 17:30| Comment(2) | 日記(トレード記録含) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
てんてんさん 更新お疲れ様です。

遅れましたがそーせいおめでとうござます。
IFRSは全くノータッチだったのですが、今回のネタきっかけで少しチェックしてみました。

おかげで包括利益の意味を理解でき有意義な時間を持てました。こんな攻め方があるとは…
とても勉強になりました。

今後は、減損テストで毎年評価が再計算されるようですがどのような顛末になるか楽しみです。

あとタカタは自分の想定シナリオが崩れたので昨日切りました。

おそらく事前に調べていれば追加リコールのリスクは警戒出来たはずで内容的には完敗でした。

打診のみだったのは不幸中の幸いでしたがお騒がせしてすみませんでした。

目先日経は、2万ラインを再び取ってきましたね。
此処まではほぼ想定通りでここからは戻り売りで考えていますがどうなる事やらですね。
Posted by アメボス at 2015年05月21日 10:25
アメボスさん
コメントありがとうございます。

IFRS会計はのれんと開発費の計上方法が異なるため、見かけの利益に大きく差がでてきますよね。
開発費の方は複雑なので私の脳では理解の範囲を超えているので、ノータッチです。のれんの大きなところは早々とIFRSに切り替えてる傾向があるので、今度は一括償却時の特損を狙いたいですねー。(下がってくれればですが)


タカタは運悪かったですね、まあ、少量だったらたいしたダメージは食らわないでしょうね。
Posted by てんてん at 2015年05月22日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: