2014年10月17日

10月17日までのトレード

ぼちぼちマイナスです。

東洋合成のサービスタイムも終わり、買い比率が高いうえ、売りは円高、買いは円安メリット銘柄が多い中での円高株安で、ここ2日で結構なマイナスでした。

買いカプコンを損切、売りポジ全体を減らして、本日下落幅の大きかった7291日本プラストを大量に買い増しました。
日本プラストについては、低PER、PBRでQ1も進捗良好でQ2に上ぶれが期待でき、全世界売上げでみると堅調なホンダ、日産向けがほとんど、想定レートは100円なので為替差益もあり、競合のタカタがエアバックで大量リコールを起こしている為、今後日本プラスト製への変更の可能性等、買いの要素が多い為、さらに下げるようであれば多少無理をしてでも更なる買い増しを行う予定です。
他、売り日本マクドナルドホールディング追加

本日で騰落レシオも70を割り込んだ為、さらに下がるようであれば、来週からは売りをさらに縮小して買い増しを行ってみます。

買い 約3900万(日本プラスト、ジーテクト、レディ薬局、小倉クラッチ、広島ガス、アルバック、日鉄鉱業で90%)
売り 約1600万(JIN、テラ、ワタミ、サニックス、ウエスト、田淵電機、エディオン、マクド)


資産 2370万 出金340万
前回更新比 -86万 今月+431万
年初比 +1820万

posted by てんてん at 17:33| Comment(2) | 日記(トレード記録含) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホンダ、販売低迷で減産のニュースがあったと思うのですが、大丈夫ですかね?
Posted by Naoki at 2014年10月17日 21:45
Naokiさん
はじめましてコメントありがとうございます。

ホンダの販売低迷ですが、
http://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/salesfig_japan_2014
日本売上に関しては9月まで前年度比で+50%で一番好調。販売比率の高い北米市場では6月まで確か−3%位?でしたが、ここ3ヶ月で巻き返しており+に転じてます、中国市場でも前年度わずかですが、プラスで推移しています。インドはかなり好調です。

日本売上は約30%で2ヶ月の2割減産もそこまで大きな影響はないと思ってますが、販売車種がしょぼすぎると今後に影響あるので注意が必要だと思います。

ホンダの株価は安値更新中でややオーバーシュートぎみかと思います。

個人的には今回の報道は一時的なものではないかと思っておりますが、リスクヘッジの意味もあり、私はホンダ一辺倒でない、ジーテクトと日本プラストを購入してます。
Posted by てんてん at 2014年10月18日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: