2014年10月07日

10月7日までのトレード

微増

ポジションを少し入れ替えました。売り リブセンス全買い返済を行い、太陽光関連の1407 ウエスト、6624 田淵電機を売り追加です。とりあえず、太陽光系はリーマンショック後の不動産銘柄のような動きをするかも知れないのでこれからの本命売りセクターということで太陽光売りポジ割合を増やしてみました。サニックスに比べると財務が良い為、ポジは控えめです。

グリーは損切ったところが底でした。。。代わりにスイングで買い 9697カプコン追加です。
ブロードメディアは余力確保の為、下げたので利確。

買い 約3200万(日本プラスト、ジーテクト、レディ薬局、兼房、小倉クラッチ、東洋合成工業、広島ガス、アルバック、カプコンで90%)
売り 約1900万(JIN、テラ、ワタミ、サニックス、ウエスト、田淵電機)

ジーテクト、アルバックはいまだ無限下げ。。ナンピンもう飽きました。

資産 1985万 出金340万
前回更新比 +24万 今月+46万
年初比 +1435万

posted by てんてん at 20:04| Comment(2) | 日記(トレード記録含) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サニックス大当たりですね。さすがです。
僕は売りそびれました。
先日JINのレポートの件をおっしゃっていましたが
クリック証券に口座持っていないので読めません。
差支えなければ概略教えていただけると大変助かります。この地合いでまだ買い出動できませんね。
Posted by time at 2014年10月09日 13:01
JINですが
TIWのフェアバリューは7月29日付けで880円となってます。6ページにわたるレポートですが、要約すると下記の内容が当てはまるとおもいます。

<新戦略具体化までの苦戦は止むを得ないと見る>
■カジュアル衣料と比べて価格帯が同等からそれ以上であると共に、衣料品と比べて季節性が少ないことに加えて製品としての耐久性が高いことから、消費税増税の影響が当分続くと予想する。差別化の成否が足下の苦戦を脱する鍵となろうが、新たな戦略が形として現れるのは来下期以降。それまでの苦戦継続は、止むを得ないだろう。但しコストダウンの効果が想定以上であったことから、TIW業績予想を引き上げる。

他は過去4年の財務諸表などを比較してます。


サニックスには本当助けられてます。
倒産の可能性もあると思うので、チャートで反発しそうでも買い仕掛けがしずらいのではないかと思います。
Posted by てんてん at 2014年10月10日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: